男性の肌にぴったりなほうれい線対策化粧品をご紹介しています。メンズ用にこだわるのではなく、ほうれい線のケアというところに着目して、より効果が高いもの、そして、男性の肌にマッチするものを成分を分析することで厳選しました。男性に最適な化粧品を見つけたい方はぜひ、こちらをご覧ください。

男性向けほうれい線化粧品とはどんなもの?

男性に最適なものを選ぶポイント
ほうれい線に効く成分が配合されているもの
まず、一番重要なのがほうれい線に効く成分が配合されているかどうかです。ほうれい線は筋肉が衰えることによって、脂肪を支えることができなくなって目立ってくるので、筋肉の衰えを解消してくれる成分が配合されているものを選びましょう。
浸透力に優れているもの
男性は女性に比べて皮膚が厚くなっています。ですから、成分をしっかりと浸透させるためには浸透力が高いものを選ぶ必要があります。浸透力が低いものを選んでしまうと効果が半減してしまうので、注意が必要です。
炎症をケアしてくれるもの
肌が炎症を起こすとダメージが肌の奥まで伝わってしまい、老化を促進してしまいます。特に男性の場合は、髭剃りなどで肌が炎症を起こしやすくなっているので、しっかりと炎症のケアを行う必要があります。

男性向けほうれい線対策化粧品ランキング

豊麗
ほうれい線の原因となる筋肉の衰えをケアしてくれる「α-リポ酸」と「コエンザイムQ10」を配合した化粧品です。これらの美容成分を独自の経皮吸収促進技術により、筋肉までしっかりと届けてくれるので、ほうれい線を根本からしっかりと解消することができます。抗炎症成分として最も効果が高いといわれる「グリチルレチン酸」を配合し、炎症をしっかりとケアしてくれます。
ほうれい線:◎ 浸透力:◎ 炎症ケア:◎
アヤナス
コラーゲンを生み出す「CVアルギネート」を配合することによって、脂肪を支える土台をしっかりと作り上げることができる化粧品です。肌の炎症を抑えるコウキエキスとグリチルリチン酸2Kを配合しているので、髭剃りで肌荒れしやすい男性でもしっかりと炎症をケアすることができます。ナノ化成分を配合しているので、浸透力にも期待が持てます。
ほうれい線:○ 浸透力:◎ 炎症ケア:◎
ビーグレン
皮脂に近い成分の超微小カプセル「QuSome」を採用することによって、有用成分を真皮まで浸透させることができる化粧品です。浸透力を高めることによって、男性の熱い肌でも成分を届けることができるところが魅力となっています。ビタミンCを高濃度で配合することによって、肌の酸化を防いだり、コラーゲンを再生できるところがポイントとなっています。
ほうれい線:○ 浸透力:◎ 炎症ケア:○
ラグジュアリー・デ・エイジ
肌の生まれ変わりをサポートする「GF(成長因子)」と細胞を活性化させる繊維が細胞をサポートする「植物幹細胞(アルガンセルエキス)」を配合することで、ほうれい線にアプローチすることができる化粧品です。皮膚科医が監修しているということで、安全性にもこだわっているところがポイントとなっています。
ほうれい線:◎ 浸透力:○ 炎症ケア:△
アスタリフト
3種類のコラーゲンを配合することで、コラーゲン不足の筋肉に活力を与えることができる化粧品です。富士フイルム独自の浸透技術を採用しているので、男性の肌でも美容成分が浸透してくれるところが魅力となっています。ヒト型セラミドなどの保湿成分もたっぷりと配合しているので、乾燥を防ぐことができます。
ほうれい線:△ 浸透力:◎ 炎症ケア:△

男性に最もおすすめしたいほうれい線化粧品はこれ!

男性の肌に最も適しているのは「豊麗」です!
ほうれい線に効く成分を高濃度で配合
⇒ ほうれい線の原因となる筋肉の衰えにアプローチする「α-リポ酸」「コエンザイムQ10」を高濃度で配合しています。これによって、衰えら筋肉を活性化できるので、脂肪を支える力がアップしてほうれい線が目立たなくなります。
男性の肌でもしっかりと浸透する
⇒ 医療の分野でも使用されているナノカプセル化技術と経皮吸収促進技術を採用しているので、性別関係なくしっかりと肌の奥まで成分を浸透させることができます。男性の肌でもしっかりと成分が浸透するので、効果を実感しやすくなっています。
肌の炎症を抑える成分を配合
⇒ 肌の炎症を抑える成分として「グリチルレチン酸」が配合されています。一般的な化粧品ではグリチルリチン酸2Kが抗炎症成分として配合されていることが多いですが、グリチルリチン酸2Kの30倍以上の抗炎症作用のあるグリチルレチン酸を配合することによって、髭剃りで毎日ダメージを受ける男性の肌をしっかりとケアすることができます。

男性のほうれい線を根本からケアできるのは経皮吸収促進技術を採用した「豊麗」だけ!